テレビの壁掛け金具購入アドバイスをしています

金具選びのポイントや取り付け方法

テレビスタンドの種類とメリット

テレビスタンドは、テレビを見る高さを変えたり移動したりすることが簡単にできるもので、大型のものでも自由に部屋のレイアウトに合わせることが可能になります。
薄型テレビには背面にねじ穴がありますので、それとスタンドを固定することによって安全な視聴が可能となります。
壁にぴったりとくっつけて壁掛け風になるものや、キャスターがついてどこにでも移動できるものなど多機能な製品があります。

テレビの背面のねじ穴はインチ数によって違いますので、スタンドを購入するときには、ねじ穴の位置と離れている距離を確認しておきます。
これが合っていませんと、設置ができなかったり外れたりしてとても危険ですので、必ず確認が必要です。

テレビスタンドの優れているところは、壁掛けと違って家に穴をあけたりする工事が必要ありませんので、コスト面で安くつくことがあります。また部屋の模様替えの時にも自由に移動ができますので、いちいち二人で抱える必要もありません。また床に座ってみるのかソファーで見るのかなどによって高さ調整ができますので、テレビに合わせて観るのではなく、テレビを自分の視聴環境に合わせることができる点でも大きなメリットがあります。
なお、移動する場合は動線に障害物や段差がないかどうかをよく確認して行うと安全です。

ブラウン管テレビ時代には考えられなかった、おしゃれでスタイリッシュなテレビスタンドは、最近では多様なデザインのものがありますので、自分の部屋のイメージや視聴環境によって選ぶことが可能となっています。